業者によって値段が違う理由

外壁塗装 富士市

外壁塗装を依頼するときのお悩み……業者によって価格が違うのは何故?

外壁塗装は大きな買い物です。

一つの会社にお話を聞いて、そこで決めてしまう方は少ないのではないでしょうか?

「やっぱり複数の見積もりを取らないと……!」

そこで、チラシやインターネットを参考にして、いくつかの会社に見積もりを依頼したとします。

「あれ? 金額が凄く違う?」

「安い方が嬉しいけど、手抜き工事とかもありうる?」

「どの業者に依頼すればいいかわからない!」

こんな風に、お客さまからご相談を受けることもよくあります。

複数の見積書を見たお客さまは、見積書の様式、塗料の種類、塗装部位の面積、単価や金額の違いに驚いてしまうようです。

相見積もりを取ることは、とても大事です。けれども、複数の見積書を見比べて、一番良い施工業者を選ぶのは、かなり難しいと思います。

そもそも、「同じ作業を依頼したはず」なのに、何故業者によって値段が違うのでしょうか?

この記事では、『外壁塗装業者といっても様々』というお話と、見積書を見るときのポイント、そして『業者によって値段が違う理由』についてご説明していきます。


外壁塗装業者は6種類!?
あなたはどこに依頼したいですか?

外壁塗装を行っている業者は、下記のおおよそ6種類に分けられます。

ここでは、それぞれに依頼した場合のメリットとデメリットをご案内します。

【1】ハウスメーカー

【2】工務店

【3】リフォーム業者

【4】訪問販売の塗装業者

【5】塗装専門業者

【6】個人の塗装職人


【1】ハウスメーカー

ハウスメーカーで住宅を建築・購入した場合、定期的なメンテナンスの際に、外壁塗装を勧められると思います。この場合のメリットは、なんといっても安心感です。

自社の建物ですから、どこをどのように、どんな塗料で施工すればいいのか、ハウスメーカーは熟知しています。

メリット

・工事後の不具合が少ない

・不具合が発生しても、瑕疵責任があれば補修工事をしてくれる

・塗装業者を一から探す手間が省ける

デメリット

・料金が高い

お金に余裕があればお勧めですが、ハウスメーカーの見積書は明らかに他社の見積もりよりも高いはずです。そういうときの「ハウスメーカーの2大営業トーク」を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

「自社製塗料以外では工事後不具合が発生するかもしれない」

「他社で施工するとハウスメーカーの保証がなくなる」

そう言われると迷ってしまいますが、下手な塗装業者に依頼しなければ問題はありません。メーカーと同質の塗料は一般に販売されています。また、しっかりした塗装業者なら、工事後の不具合が発生しても対応できるように、独自の保証制度を設けています。

とはいえ、自分で業者を選ぶのは大変です。

ハウスメーカーに依頼すれば「安心と品質を手軽に買う」ことができます。

ハウスメーカーと同レベルの品質を希望するなら

高品質が大前提。かつ、少しでも安く工事を行いたいという方は、ハウスメーカー製住宅の外壁塗装に慣れている業者を探しましょう。

優良な塗装専門業者なら、ハウスメーカーと同質かそれ以上の品質レベルでも、ハウスメーカー提示額の7割~8割くらいの見積もりを出してくれるはずです。


【2】工務店

地元の工務店が建てた住宅も、外壁塗装を依頼すれば施工してくれます。

メリット

工務店との繋がりが強くなります。家を建てた工務店に外壁塗装を依頼すれば、工事後のちょっとした小工事もお願いしやすいもの。

長年にわたって良い関係を築くことができます。

デメリット

工務店のメイン業務は家の建築ですから、塗装についての専門知識の少ない営業が担当者になる可能性が高いです。

一昔前の塗料を提案されたり、色選びの際にも、カタログの小さな色見本しかなく塗装後の自宅がイメージできなかった、という話も聞きます。

全体的には、若い世代の要望に対応できていない工務店が多い気がしています。

ただし、外壁塗装をたくさん施工している工務店なら、そこまで心配することは無いはずです。経験豊富であるということは、優良業者の条件です。

工事金額は、塗装業者の見積金額に3割ほど上乗せするのが一般的なので、ハウスメーカーほどではなくても、代金は少し高く感じるかもしれません。


【3】リフォーム業者

リフォーム業者は、ピンからキリまで存在します。そのため、無条件に信用しないことが大切です。

メリット

年間施工数が豊富なリフォーム業者であれば、最新塗料を提案してくれたり、イメージしやすい色選びをしてくれます。また、工事後の保証体制もしっかりしています。

デメリット

業者によっては、塗装の知識が少ない人が担当者になるケースがあります。

リフォーム業者も、塗装業者の見積もり金額に3割ほど上乗せして、お客さまに見積もりを提出するのが一般的ですね。


【4】訪問販売の塗装業者

外壁塗装が必要な家を探し出して、営業担当者が売り込みにいく。そういうスタイルの塗装業者も存在します。こういうタイプは「訪問販売の塗装業者」に分類されます。

メリット

・業者から訪問するので、外壁塗装業者を探す手間が省ける

・家の外見を確認した上で、営業に来る

・丁寧な説明が受けられることが多い

デメリット

・やや高い

・悪徳業者の可能性がある

一昔前は、訪問販売に悪いイメージもありました。けれど今では、そういった業者は少なくなり、優良業者が多くなってきました。

お客さまへ売り込みするわけですから、営業担当者は、わからないことがあれば親切丁寧に説明してくれるはずです。

ただ、塗装は塗装業者に依頼するため、訪問販売業者の利益と、営業マンの報酬が上乗せされた見積もりが出てきます。そこまで安くないな、と感じる方もいらっしゃると思います。

また、悪徳業者がいないわけではありません。訪問販売業者に質が悪い業者が混じっているのは事実です。

相手がしっかりとした業者かどうか、見極める必要があります。


【5】塗装専門業者

自社で職人を雇用・塗装職人が在籍していることが、『塗装専門業者』の条件です。

専門業者は【1】~【4】の各社からの工事の依頼を請け負ったり、直接お客さまからの依頼を請け負ったりしています。

優良業者は、広告を出したり訪問営業をしなくても、工事の依頼が入ってきます。そのため、「名前を聞いたことがない会社だなあ」と気にする方もいるようです。

メリット

・中間マージンや、営業マンの報酬など、余分な費用が見積書に上乗せされていない

・妥当な価格で外壁塗装できる

デメリット

・当たり外れがある

塗装専門業者に依頼すれば、【1】~【4】の業者に比べたら安い価格で工事できます。

ただし、間に他の業者が入っていないため、トラブル発生時は自分で対処しなければなりません。業者選びを間違えると工事後、後悔することになります。

塗装工事は、やり直すことはできませんから、慎重に業者を決定する必要があります。


【6】個人の塗装職人

塗装職人の中には、いわゆる「一人親方」と言われる個人事業主もいます。

縁があれば、塗装職人に外壁塗装を依頼することもできます。知り合いの塗装職人や、知人から紹介してもらえるといったケースがあるでしょう。

メリット

・最も安く依頼できる

デメリット

・どの程度の経験、技量があるのかわからない

・トラブル、アフターケアに不安がある

とにかく安さだけを求めるなら、個人に依頼することも可能です。実費と日当代などの最低限の費用で、施工してくれる職人もいます。

ただし、職人に経験や知識があるのかは、自分で見極めなければなりません。紹介してくれた人から評判を聞いたり作業した家を見せてもらうのは必須だと思います。

これはどの業界でも同じですが、知り合いだからといって、職人が必ず良い仕事をしてくれるかはわかりません。工事後の保証はありませんし、トラブル発生時は泣き寝入りという可能性もあります。


見積書から、『優良業者』を探し出すコツは?

ここまで、業者によって値段が違う理由をご案内しました。

各業者の料金体系を簡単にまとめると、およそこんな感じです。

ハウスメーカー>訪問販売業者>工務店>リフォーム業者>塗装専門業者>塗装職人

これを知っておけば、見積書の読み方もある程度マスターできます。

そして、見積書の読み方を身に着けることで、適正な価格とご自宅に最適な方法を提案してくれる優良業者を、スムーズに見つけることができるんです。

比較ポイント――見積書の『面積』が違う

見積書には、「どのくらいの広さを作業するか」という壁の面積を各社載せてきます。

この数字は、会社によって以下のように差が出ます。

・図面から面積を計算する業者

・実際に家の周りを測っている業者

・塗装しない窓なども外壁面積に含めている業者

真四角の比較的測りやすい建物であれば、業者が違っても大差は出ないはずです。

ところが、複雑な形状の建物の場合、業者の測り方によって全然違う面積になってしまうこともあります。

「面積が少ないほど、料金は安くなるはずだから、少ない方がいいですか?」

確かに、作業単価は下がるかもしれません。けれども、面積の少ない業者が良い業者とは限りません。業者側が面積の計算を間違えている場合もあるんです。

業者は面積に合わせて塗料を発注するので、現場で塗料が足りなくなります。そうなると、追加料金が発生したり、塗料を限界以上に薄めて塗装する手抜き工事が行われてしまうかもしれません。

『比較しやすい見積書』を出してもらうテクニック

業者が現地調査にきたときに、家の図面(立面図や平面図)のコピーを渡しましょう。

そうすれば、同じ図面から計算することになりますので、複数業者に見積もり依頼をした場合もだいたい同じような『面積』が出てくるはずです。

ここで、他社よりも大きく外れた面積を出してくる業者は、何かミスをしている可能性がありますので、注意してください。


まとめ 見積書は「料金」だけに注目しないこと!

もし、安さをお求めなら、【5】塗装専門業者、【6】個人の塗装職人を探して見積もりを依頼しましょう。

高くても安心が一番! という方は【1】~【3】の中から信頼できると感じた業者に見積もり依頼してみましょう。

安価な優良業者を探すのはとても難しいものですが、見積書をチェックすることで、ある程度見極めることは可能です。

ハウスメーカーに依頼した場合と安価な業者に依頼した場合とで、差額は数十万にものぼる可能性があります。業者を探すメリットは非常に大きいのです。ただし、業者選びを失敗するリスクは常につきまといます。

アフターケアが万全な業者を選ぶかどうかも、考えなくてはなりません。

外壁塗装は「金額が全てではない」ということを覚えておいてください。

このサイトでは、塗装業者の目から見た『優良塗装業者』を紹介しています。

気になる方は、そちらも参考にしてください。

※富士市・富士宮市の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ