外壁塗装工事最も重要な下地処理

ご近所で同時期に塗装工事をおこなったのに、一方は10年経過しても綺麗で塗り替える必要が無いように見えて、もう一方は5年を経過した頃から、訪問営業会社から塗り替えを勧められるようになった。こういう話はよく聞きます。
同時期に同じような塗料で塗装しても、耐久性に差が出るのは何故でしょうか?

耐久性に大きく影響するのは、外壁塗装前の下地処理です。
ここでは、塗装工事で最も重要な下地処理の代表例2つを動画でご紹介します。

高圧洗浄

※音が出ます。ご注意ください。

工事後の不具合で多いのが塗膜の剥がれです。外壁素材と塗料がしっかりと密着していないことで起こります。塗膜をしっかりと密着させて剥がれにくくするために、高圧洗浄で外壁に付着した汚れや、コケや藻、劣化した古い塗膜などを除去していきます。高圧洗浄を丁寧におこなえば、外壁塗装は長持ちします。

シーリング

※音が出ます。ご注意ください。

現在、最も一般的に使用されているサイディング外壁には、外壁ボードとボードのつなぎ目(隙間)に弾力のあるシーリング材が設置されています。建物の揺れや外壁材の膨張を吸収し、外壁材の割れや雨水の浸入を防いでいます。
外壁塗装が長持ちしても、シーリング材が劣化すれば再工事が必要になります。その為、耐久性の高いシーリング材の選定と丁寧な施工が、なにより重要です。
ページの先頭へ