業者選びのポイント

業者選び

10年に一度の塗り替え工事に失敗しないためのポイントは、業者に任せきりにするのではなく、住宅の診断から工事のやり方、そして契約書の記載内容まで、発注者側も積極的に関わっていくことが大切です。

様々なことに注意していると、信頼できそうな業者とそうでない業者の差が明らかに見えてくると思います。

担当者の感じが良いから、低価格の工事を提案してくれるから、などという表面的な好印象とは別に、信頼できる業者には信頼するに足る理由が必ずあります。

業者選びの成功こそが塗り替え工事の成功に大きく関係してきます。

ここでは、塗装業者選びのチェックリストをご紹介し、細かく解説していきます。

決める前に、再度確認! 塗装業者選びのチェックリスト

・資格や専門知識のある住宅診断のプロが診断している

・必要に応じて塗装以外の方法も提案されている

・一式の見積りではなく工事内容が詳細に記載されている

・内容が明確で有効な保証書がある


資格や専門知識のある住宅診断のプロが診断している

どこに着目すれば、たくさんある業者の中から信頼できる業者を選ぶことができるでしょうか?

最初のチェックポイントは、「住宅の劣化状況などについてプロによる的確な診断がなされているか」という点です。

当然、どの業者も正しい住宅診断を行ってくれると思っている方も多いかもしれません。

しかし。果たして、その住宅診断は、プロによって行われた的確なものでしょうか?

たとえ診断したのが塗装の営業マンや塗装職人だったとしても、診断するための専門知識や資格が無ければ、正確な診断ができるとは限らないのです。

現実には、診断したのが塗装のセールスマンや塗装職人であっても、診断するための専門知識や資格が無ければ、きちんとした診断ができるという保証はありません。

経験と知識が豊富なプロによる住宅診断がなされていないケースでは、現状報告にしかなっていないことが大半で、本当の意味での住宅診断ではありません。

プロによる的確な診断がなされ、その結果に基づく提案書の提出があってこそ、正しい工事ができる業者の第一要件をクリアしたと言えます。


必要に応じて塗装以外の方法も提案されている

住宅のメンテナンスは塗り替えだけですべて解決できるわけではありません。住宅の劣化状況によっては、塗装以外の提案も必要になります。

経験と知識のある業者がきちんと住宅の診断し、必要だと判断された場合には、塗り替え以外の提案も行われます。

例えば、塗装できない屋根材の交換や、既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねるカバー工法、傷んだ外壁の交換、木製破風板の板金巻き、雨樋や雨戸の交換などです。

もし、経験や知識の少ないセールスマンや、塗装以外のことがわからない職人などが、住宅の診断を行った場合、提案の幅が狭くなるため、正しいメンテナンスが行われないまま工事後のクレームに発展してしまう可能性が高くなります。

正しい住宅診断は、豊富にある建材素材の劣化特性を知っておく必要があります。それぞれの劣化特性に応じた、適切なメンテナンス方法を提案してくれる業者を選びましょう。


一式の見積りではなく工事内容が詳細に記載されている

複数の塗装会社から見積書を取ってみると、記載されている塗装面積の違いにびっくりするかもしれません。塗装面積によって、使用する塗料の量が変わるので、見積り金額に大きな差異が生じます。

外壁面積を算出せずに、建物坪数×単価で算出してくる業者は、当然論外です。塗装する部位の面積や長さが正しく計測されていて、なおかつ工事を行う部位ごとに分けて記載されている見積書が望ましいといえます。

分かりやすく明確に説明してくれる業者なら、信頼性が高いといえるでしょう。

見積り金額が一番気になりますが、その前にまず、見積りに含まれている内容をしっかり確認してみましょう。

「雨戸は塗るのか? 樋は塗らないのか?」など。

塗装工事一式と金額だけ記載された見積りでは、一見低価格でも、追加工事・追加請求となる危険性が非常に高いと言えます。

正しい塗装面積、各部位で使われている塗料の名前・塗料の缶数を明確にした見積りを作成する業者を選びましょう。

見積書に記載されるべき項目

・塗料メーカー名

・塗料名(グレード等詳細を含む)

・使用する塗料の量(缶数)

・塗装する面積


内容が明確で有効な保証書がある

塗装工事においては、塗り終わってからの業者との関係も非常に重要です。次の塗り替えまで、長いお付き合いをしていくことになります。

しかし現実には、「1回限り」「その場しのぎ」の業者も多く、なかには塗るだけ塗って逃げるように去っていく業者もいます。

その様な業者は、塗布量を守っていないなどの後ろめたい工事を大抵しているものなので、当然工事の後に不具合が生じてクレームを言わなければならない事態になるのですが、もうすでに事務所もなく所在不明になっている場合もあります。

そのようなことにならない為にも、工事前に保証の有無を確認しておかなければなりません。

保証が用意されているかどうか? 確認してみて、明確な返答がすぐに返ってこないようであれば、その業者を選ぶのは考え直した方がよいかもしれません。

保証の内容が明確で、書面による提出があるかも確認しておきましょう。

書面による保証書がなければ、いざ不具合が発生しても、何もしてもらえないという可能性があります。


見積りの賢い比較の仕方

最後に、「見積り」の比較の注意点についてご説明します。

見積りを比較する際に、最も心掛けておかなければならないことは、「価格の安さだけで比較しないこと」です。

表面的な価格を見るのではなく、その価格の根拠を明確にして比較検討を行う必要があります。

具体的には、「工事内容の範囲」「塗料のグレード」「予定工期の長さ」「保証内容」などについても必ず比較しておくべき項目です。

10年に一度の工事だからこそ、積極的かつ慎重に比較検討を行いましょう。

住宅を長く大切に使っていくための最良のパートナー業者を見極め、計画的な塗り替えメンテナンスを必ず成功させましょう。

※富士市・富士宮市の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ