塗料の種類

外壁塗装 富士市

見積書に載っている「塗料」がよくわからない、という方へ

「この塗料で家を塗ってください!」

お客さまがそう指定されるご依頼は滅多にありません。

外壁塗装においては、見積りを出す業者が「適当な塗料」を選んでお客さまに提案するのが一般的です。

「こちらの塗料がお勧めです」

「これは良い塗料なんですよ」

「専門的な観点から、うちはこの塗料を使っています」

塗料に詳しい方はなかなかいませんから、結局、こんな風に業者の言うことを信じて契約することになります。

けれども、塗装工事は安い買い物ではありません。

数百万円かかった工事でも、最終的に残るのは外壁表面にコーティングされた塗膜だけです。

塗装工事は塗膜を買うこと

塗装が終わってから、「もっといい塗料があった」と後悔しないように、この記事では、業者選びと同じくらい重要な【塗料】について解説していきます。


代表的な塗料のグレードと耐久年数は?

塗料にはグレードが存在します。

耐用年数は目安になりますが、おおよそ以下の範疇におさまります。

(1) アクリル塗料 耐用年数  5年~ 7年

(2) ウレタン塗料 耐用年数  8年~10年

(3) シリコン塗料 耐用年数 10年~15年

(4) フッ素塗料  耐用年数 15年~20年

(5) 無機塗料   耐用年数 20年~25年

ここで「高い塗料が良い」とは一概に言えません。

予算もありますし、家の建て替えを計画されている方もいるでしょうから、耐用年数が長くなくてもいい場合もあります。

まずは、塗料ごとの特徴を見ていきましょう。


(1) アクリル塗料

(耐用年数 5年~ 7年)

アクリル塗料が使われ始めたのは30年以上前。近年では、あまり使われなくなっています。

とはいえ、価格が安く透湿性に優れているので、塗る場所によっては最適です。屋根裏の結露を受ける軒裏(軒天)や、劣化しにくい室内の塗装に向いています。

メリット

・価格が安い

・つや、発色が良い

・施工性が良い(塗りやすい)

・付着力が高い

アクリル塗料は水で薄めるだけのような1液型が多く、一般の方でもホームセンターなどで購入しDIYで簡単に扱うことができます。

デメリット

・耐用年数が短い

(数年で次回の塗り替え時期が来てしまう)

・ひび割れが発生しやすい

・汚れやすい

・塗膜が弱い

アクリル塗料は、次回の塗り替え時に溶剤タイプの強い塗料を塗ると、アクリルの方の塗膜が溶けてしまうことがあります。

もし、外壁業者の見積りがアクリル塗料だった場合、何故この塗料なのかを聞いてみる必要があります。


(2) ウレタン塗料

(耐用年数 8年~10年)

ウレタン塗料は、アクリル塗料の次にお安い塗料です。

塗り替えサイクルの短い「鉄材」や「木材」に使用することが多いです。

鉄はサビが発生するので、元々数年おきに塗装する必要があります。木材も、呼吸し変形するものなので塗膜が早めに劣化します。これらの塗り替えサイクルは5年~10年程度なので、劣化しやすいことを差し引いても、安価なウレタン塗料が向いています。

メリット

・ウレタン特有の高級感のある光沢仕上げ

・塗膜が柔らかくひび割れしにくい

ウレタン塗料の多くは、硬化剤などを混ぜて使う2液型なので、塗膜が厚く屋根塗装に適しています。

ちなみに、1液型のウレタン塗料であれば、DIYする人も簡単に取り扱いできます。

デメリット

・耐用年数が短い

・他の塗料よりも塗り替え回数が多い

・シンナーを使う場合が多く、作業中のシンナー臭が強い

・汚れが付着しやすい

ウレタン塗料は耐用年数が短い塗料です。けれども、鉄材や木材など、元々の塗り替えサイクルが5年のものに耐用年数が長い塗料を塗っても意味がありません。ウレタン塗料で十分なんです。

ウレタンは塗膜が柔らかいので、変形しやすい木材への塗装に向いています。


(3) シリコン塗料

(耐用年数10年~15年)

シリコン塗料は、外壁塗装の定番塗料です。

外壁塗装の見積りを依頼すると、必ずと言っていいほどこちらをお勧めされます。

ここからグレードアッププランとして、「フッ素塗料」や「無機塗料」が提案されることもあるでしょう。

ところが、シリコン塗料の中にもグレードがあります。

・1液水性シリコン

・1液弱溶剤シリコン=2液水性シリコン

・2液弱溶剤シリコン

この順番で、下にいくほど耐久性が高くなっていきます。

さらに最近では、塗膜が劣化しにくい「ラジカル塗料」が誕生しました。これもある種シリコン塗料の変化系なのですが、耐久性は、一般的なシリコン塗料の1.5倍と言われています。そういう意味で、「ラジカル塗料」はいま人気の塗料ですね。

業者の提示する見積りの中の「シリコン塗料」が、この中のどれに当たるかは、チェックする必要があるでしょう。

メリット

・耐用年数が長い(アクリルやウレタンと比較して)

・費用が高すぎない

・塗料の種類が多い(選択肢が多い)

・汚れが付着しにくい

デメリット

・10年程度で塗り替え時期が来てしまう(もっと耐用年数が長い塗料がある)

シリコン塗料に決める場合は15年程度の耐久性が見込める高グレードのものを選びたいところです。


お勧めシリコン塗料

外壁塗装と言えば「シリコン塗料」なので、ここでは、機能性と耐久性に優れたものを具体的にご紹介します。

【アステックペイントジャパン:超低汚染リファイン1000Si‐IR】

・汚れの付きにくさ№1

【水谷ペイント:ナノコンポジットW】

・汚れにくい

・気候変化に強い

・防カビ、防藻性に優れる

【エスケー化研:クリーンマイルドシリコン】

・つやが長持ち

・汚れにくい

・気候変化に強い

・防カビ、防藻性に優れる

【日本ペイント:パーフェクトトップ】

・汚れにくい

・気候変化に強い

・防カビ、防藻性に優れる


(4) フッ素塗料

(耐用年数15年~20年)

フッ素塗料は、耐久性に優れた塗料です。

シリコン塗料の1.5倍~2倍の耐久性があるので、15年~20年くらいは塗り直ししなくてもいいと期待できます。

1回の費用が高くても、家の塗り替え回数が少なくなれば、長い目で見たら一番お得なんです。塗装工事は家庭生活にも負担になりますから、回数を減らしたい方にお勧めな塗料ですね。

塗り替えサイクルが長いフッ素塗料は、多くの有名な建物にも使用されています。

フッ素塗料が使用されている建物

・六本木ヒルズ

・東京スカイツリー

・羽田空港

・横浜レインボーブリッジ

・後楽園ホール

・国立劇場 など

メリット

・塗料の寿命が長い

・耐熱性に優れる

・親水性  〃

・防カビ性 〃

・防藻性  〃

・耐候性  〃

・耐摩擦性 〃

耐用年数が長いというのは大きなメリットです。

・一般的な塗料=30年間に塗り替え3回

・フッ素塗料 =30年間に塗り替え2回

このように、1回分の塗り替え費用が不要になるので、とても経済的です。

デメリット

・次回の塗り替え時に、(フッ素に密着する)適切な下塗り材を選定する必要がある

他にも、昔は「塗膜が固いのでひび割れしやすい」「塗料が高い」「つや有しかない」「次回の塗り替えもフッ素塗料しか塗れない」などがありましたが、現在はほぼ改善されており、デメリットはかなり少なくなりました。


(5) 無機塗料

(耐用年数20年~25年)

外壁塗装 富士宮

塗料には、「無機塗料」と「有機塗料」があります。

ここまでご紹介した塗料は、有機塗料です。

石油などの有機物(炭素を含む)の樹脂を使用していました。有機塗料は、雨や紫外線などの影響を受け、塗膜が劣化していきます。

一方、最後にご紹介する「無機塗料」は、鉱物やレンガ、ガラスなどの無機物(炭素を含まない)を配合して作られた塗料です。

無機物は紫外線で劣化しません。つまり、半永久的な耐久性を持っています。

ビルのガラスは何十年経っても劣化しませんが、それと同じ効果を持ちます。

100%の無機物でできた塗料であれば、半永久的な寿命を持つ塗料ということになります。

けれども、無機物は固すぎて、そのままでは塗料としては使用できません。そこで、有機物を混ぜて完成したのが無機塗料です。

メリット

・紫外線で劣化しにくく、長期間の耐久性を持つ

・耐候性に優れる

・防藻性  〃

・防カビ性 〃

・低汚染性 〃

・防汚性  〃

・不燃性  〃

デメリット

・他の塗料と比較するとひび割れしやすい

・価格が高い

無機塗料は、紫外線で劣化しない無機物の強みと、有機物の柔軟性をあわせ持った、ハイブリッド塗料と言われています。

まとめ

塗料の性質を知ることが契約の決め手に?

外壁塗装の見積りを依頼すると、塗料の商品名が記載された見積書が出てきます。

塗料名がわかったら、インターネットで検索してみましょう。

見積書の塗料が、今回ご案内した5つの塗料のどれかがわかります。

塗料によって費用が変わってきますので、今回ご案内したおおよそのグレードを参考に、納得のいく塗料選びをしていきましょう。

そこで「塗料のグレードと費用が合っていない」と感じたら、他の業者に見積りを取ってみることも大事です。

塗料に対する説明があるかどうかは、信用できる業者かどうかの見極めにもなりますから、契約する前、塗料について相談してみてください。

※富士市・富士宮市の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ